アジュバント

ZenoParticle CH-100

製品
品名 ZenoParticle CH-100
包装と保存 5 X 500μL、冷蔵
特長

<性状>

  • 独自技術により微粒子化されたキトサン(多糖類)
  • オイルアジュバントより抗原との混合時の操作が容易
  • 生分解性の素材で安全性が高い
  • 局所刺激性が低く複数回投与が可能

<アジュバント作用>

使用方法
  1. 使用するZenoParticleと等量の抗原溶液を生理食塩液等で調製します。
    (溶液の抗原濃度はご使用の抗原に応じて調整して下さい。抗原濃度が高い場合や抗原の性質によっては、析出する可能性があります)
  2. ZenoParticleを冷蔵から室温に戻して混和します。
  3. 調製した抗原溶液とZenoParticleを1:1で混和します。
  4. 混和した溶液を室温で攪拌します。(ボルテックスミキサーの使用を推奨します)
  5. 溶液が十分攪拌されたこと確認して速やかに使用して下さい。
    (一例として、マウスに使用する場合は腹腔内投与で100~200μL/匹が目安です)
使用上の注意
  • ZenoParticle及び抗原溶液は室温で混和して下さい。
    (冷蔵から室温に戻した状態でZenoParticleに白濁が見られる場合がありますが、使用には問題ありません)
  • 混和した溶液は室温で保持し、使用直前に十分攪拌して下さい。
  • 本製品は試験研究用です。人体には使用しないで下さい。

一般的な投与法による抗体の産生と持続

試験結果1

マウスへの腹腔投与で高い血中抗体価が持続しました。

試験結果1グラフ

5週齢のメスBALB/cマウス(n=5)を1µg OVAとZenoParticleまたはAlumを用いて2週間隔で2回、腹腔内に投与した。2回免疫後から経時的に採血し、ELISA法に従って抗OVA抗体価を測定した。
2回免疫1週後で観察された抗体価の上昇はその後も持続し、免疫46週後においても同様に観察された。

試験結果2

皮内、皮下、筋肉内の各投与法で血中抗体価が上昇し持続しました。

試験結果2グラフ

5週齢のメスBALB/cマウス(n=5)を1μg OVAとZenoParticleを用いて、皮内・皮下・筋肉内にそれぞれ2週間隔で3回投与した。2回免疫1週後、3回免疫1、4、8週後に採血し、ELISA法に従って抗OVA抗体価を測定した。
皮内、皮下、筋肉内のいずれの投与経路においても、腹腔内投与と同様に抗体価の上昇と持続が認められた。

腫瘍移植モデル動物でアジュバント能を確認

試験結果3

腫瘍移植モデルマウスへの抗原免疫で抗原特異的なIgG産生と腫瘍成長の抑制が認められました。

試験結果3グラフ

8週齢のメスのC57BL/6マウス (n=5) を100μg OVAとZenoParticleまたはAlumを用いて皮下投与により免疫した。初回免疫12日後にOVAを発現させたB16F10メラノーマ細胞(2×105cells/頭)を皮下に移植し、その2日後に2回目の免疫を実施した。
初回免疫28日後(2回目の14日後)の血中のOVA抗体価及び腫瘍重量を測定した結果、抗原特異的なIgG産生と腫瘍重量の増大抑制が認められた。また両者はAlumよりも顕著な結果であった。
(共同研究先にて実施)

ウイルス由来のタンパク質やペプチド抗原との併用でアジュバント能を確認

試験結果4

ウイルスタンパク抗原投与後の血中抗体価が持続しました。

試験結果4グラフ

8週齢のメスBALB/cマウス (n=3) を抗原タンパク(初回免疫 20μg、2、3回免疫 10µg) とZenoParticleを用いて腹腔内に投与した。投与は初回免疫2週後に2回目、5週後に3回目を実施した。初回免疫2週後と2回免疫2週後、3回免疫2、6、10、20、28、35週後に採血し、ELISA法に従って抗体価を測定した。
2回免疫2週後から抗体価の上昇が観察され、3回免疫2週後から35週後まで、抗体価の上昇が持続した。

試験結果5

血中抗体価が抗原投与後の早期から持続しました。

試験結果5グラフ

8週齢のメスBALB/cマウス (n=5) を10μg 抗原タンパクとZenoParticleまたはAlumを用いて筋肉内に2週間隔で2回投与した。初回免疫2週後から経時的に採血し、ELISA法に従って抗体価を測定した。
2回免疫1週後で観察された抗体価の上昇は免疫24週後においても持続した。また、ZenoParticleはAlum以上の抗体価を示した。

試験結果6

ラットへのホルモンペプチド抗原投与において血中抗体価が上昇しました。

試験結果6グラフ

9週齢のオスのラット(Wistar Imamichi)(n=4)を100μg 抗原とZenoParticleを用いて2週間隔で3回皮下に投与した。初回免疫から経時的に採血し、ELISA法に従って抗GnRH抗体価を測定した。
2回免疫2週後に抗体価の上昇が観察され、免疫回数に従った抗体価の上昇が認められた。

ご注文はこちら

ご注文の流れ

この度は、ZenoParticle CH-100の注文をご検討いただき、ありがとうございます。
本製品は、研究目的に限り使用を認めたラベルライセンス製品です。ご購入前に“ライセンス確認同意書”の内容にご同意いただく必要があります。
つきましては、下記手順に沿って「ライセンス確認同意書・注文書」をダウンロードし、必要事項を入力、送信いただきますようお願いいたします。

※商業ライセンスに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください

STEP1

弊社「プライバシーポリシー」をご確認の上、
個人情報の取り扱いに同意確認をお願いいたします。

STEP2

下記「ライセンス確認同意書・注文書」よりPDFをダウンロードしてください。

ライセンス確認同意書・注文書
PDFをご覧になるには Adobe Reader もしくは
Adobe Acrobat Reader が必要です。
Adobe Acrobat Readerを入手
STEP3

ライセンス確認同意書と注文書をAdobe Acrobat Readerで開き、必要事項を入力してください。

赤枠部分は必須事項となります。
フォーム部分を入力後、別名保存にてファイル名を「ライセンス確認同意書・注文書」へ変更し、STEP4へ進んでください。

お使いのPC上にてフォームの入力ができない場合はお手数ではございますが、プリント、ご記入の上、スキャンPDFをメールに添付してお送りください。

STEP4

STEP3で保存したPDFを添付の上、resource-post@zenoaq.jp宛へ下記、件名・本文にて返送してください。

件名
ライセンス確認同意書・注文書
本文

内容:ライセンス確認同意書・注文書
所属:
氏名:

STEP5

弊社にてメールに添付されたライセンス確認同意書の確認を行います。
ライセンス確認同意書確認後に、ご注文確認メールをお送りいたします。
3営業日以内にご注文確認メールが届かない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ(代表)024-947-8500 
(製品に関するお問い合わせ 024-947-8503)